離婚裁判について

バスケットボール01

 

離婚のための訴訟は離婚したいからといってすぐに起こせるものではありません。離婚裁判は協議離婚、調停離婚でお互いが納得せず、離婚が成立しなかった場合にはじめて起こせます。

 
その際に必要なのが法的証拠になります。単に協議離婚も調停離婚でも離婚が成立しなかったからといって、離婚訴訟を起こせるわけではありません。また、法的要因があったとしても、訴訟をするためには、必要書類や裁判の費用が必要となります。

 
必要書類は、訴状、夫婦の戸籍謄本とそのコピー、そして証拠書類です。裁判の費用として8200円も必要となります。それ以外にも費用がかかります。慰謝料などを請求すると、その金額に応じて費用や印紙代が、そして裁判は一人では難しいので、法律のプロである弁護士に依頼する費用などが離婚訴訟にかかる費用です。

 
裁判が始まると、その裁判にも費用がかかります。裁判の費用は負けた方に請求が来るので勝てばいいのですが、弁護士費用の請求はできないので自己負担となります。

 
離婚のための裁判にかかる費用は、裁判所にかかる費用と、弁護士に払う費用にわかれます。弁護士は必ずしも必要でありませんが、離婚したくない、親権をとりたい、財産分与・慰謝料請求を行う場合は、お願いした方がいいでしょう。